なぜブッチ(Butch)はそんなに人気なのか?

ねこちゃん
ねこちゃん
ブッチ以外にもいろんなペットフードがあるよね?なんでいぬくんはブッチ推しなの?

ペットフードはButch(ブッチ)以外にもかぞえきれないほどあります。

大型スーパーやペットショップのペットフードコーナへ行けば、様々な種類のペットで溢れています。その中でもなんでButch(ブッチ)がおススメなのでしょうか?

いぬくん
いぬくん
ブッチ(Butch)のペットフードは他のどの製品よりも私たちのことを考えて作られているからさ。動物園のエサとしても使われているんだよ。

そうなんですよね。あの動物大国ニュージーランドで開発、製造されているのがブッチのペットフードです。

事実、一世帯のペット飼育率が90%以上であると言われているニュージーランドで、ペットフード業界において59%のマーケットシェアを誇っているのがブッチ(Butch)なのです。

でも、ブッチ(Butch)のなにがそんなに凄いのか、これを紹介していきます。

出典:https://www.endeavour.co.nz/success-stories/butch-pet-food?hs_amp=true

あのペット大国ニュージーランドで最も支持されているブッチ(Butch)

いぬくん
いぬくん
ブッチはニュージーランドで一番売れてるドッグフードなんだよ

ニュージーランドは90%以上の世帯がペットを飼育していると言われるほどの世界でも有数のペット大国です。

そんなニュージーランドのペットフード業界を牽引している会社がブッチ(Butch)です。

また、世界的にもブッチ(Butch)の高品質で安全なペットフードとしてのブランド評価は高まっています。

生産された製品の5-10%は日本を含むニュージーランド以外の地域で販売されています。

参考:https://pdfs.semanticscholar.org/434a/8167369a4a029c241889f8adc65f1b90f76c.pdf

ねこちゃん
ねこちゃん
動物園の動物さんたちもブッチを食べているんでしょ
なんか食べたくなってきちゃった

農畜産物がニュージーランドの主要輸出品であるがゆえに担保されたブッチ(Butch)の安全性

ねこちゃん
ねこちゃん
安全性とか正直よくわからないよ…
いぬくん
いぬくん
まあ確かにね… でも、ブッチの原材料は全てニュージーランド産なんだって

ニュージーランドの食の安全性の安全性は世界的にも高く、2018年に発表された「世界食品安全指数レポート(Global Food Security Index)」によればニュージーランドは13位にランクされている。これは日本の15位というかランクよりもよく、ニュージーランドの食の安全を示しています。

農産物の輸入関税や農畜産物の育成環境など28もの基準によって食の安全性が判断されています。

また、ニュージーランドは入国時の検疫が非常に厳しい国としても知られており、この厳しい検疫がニュージーランドの農畜産業を守ることにつながっています。

また、ニュージーランドの牛や羊は自然な環境で放牧され、牧草のみで育てられています。この肥育方式はグラスフェッドと呼ばれ、その安全性や高タンパク、低脂質という肉質の高さに近年注目が集まっています。

それに加えて、ブッチの製品はAAFCO(米国資料検査官協会)の定める全成長段階対応の基準をクリアしていて、実際に動物園でもブッチの製品は動物たちに与えられるほど、高い信頼性を誇っています。

参考:https://foodsecurityindex.eiu.com/Country

ねこちゃん
ねこちゃん
ニュージーランド産の原材料を100%使っているブッチは安全ということなんだね

ワンちゃんのタイプに合わせて選べる3種類のパッケージ

ブッチではブラックレーベル、ホワイトレーベルそしてブルーレーベルの3つのラインナップを用意しています。

ねこちゃん
ねこちゃん
3種類あるんだね。何がちがうんだろう??

ブラックレーベル

いぬくん
いぬくん
ブラックレーベルは一言で言えば、高パフォーマンスを持つプレミアム飼料だよ。

ブッラクレーベルはブッチ(Butch)のドックフードの中でも一番人気の商品です。ブッラクレーベルは牛肉を33%、羊肉25%そして鶏肉を18.5%含んでいます。そして、ブラックレーベルはこれらのニュージーランド産の選び抜かれた素材からていねいに作られた高タンパクなドッグフードです。

ねこちゃん
ねこちゃん
へぇー、70パーセント以上が肉なんだー

また、犬は肉食動物の特徴を現在も色濃く残しています。犬は本来、生肉から水分を摂取することで健康を維持してきました。そのため、ブッチも生肉と同じ約70%水分含有度をめざしました。

ねこちゃん
ねこちゃん
だったら、便秘の心配もないね!

ブラックレーベルの特徴や成分【ブッチのドッグフード】

ホワイトレーベル

いぬくん
いぬくん
ホワイトレーベルは目ヤニの予防に効果的なんだ。

赤肉(牛肉、羊肉)やアレルギーなどに敏感な犬におすすめなんだって

ホワイトレーベルにはたんぱく質豊富なニュージーランド産の鶏肉が主な原材料として使われていて、なんと、ホワイトレーベルの内容量100%あたり80%が鶏肉です。

事実、鶏肉にはたんぱく質や脂質、ナトリウム、リン、カリウムなどが含まれており、人間だけでなく犬にとっても大変健康的な食材です。

また、牛肉や羊肉などの赤肉と比較して鶏肉は脂肪が少なく高たんぱくであるため、ワンちゃんの体重が気になっている、そして健康的な食事を与えたいと考えている飼い主さんにはブッチ(Butch)のホワイトレーベルがおすすめです。

たんぱく質の他に、ホワイトレーベルは成長中の子犬、成犬または老犬に適した割合のビタミン、ミネラルおよび栄養素を科学的に配合した、水分が豊富なドッグフードです。

ホワイトレーベルの特徴や成分【ブッチのドッグフード】

ブルーレーベル

ねこちゃん
ねこちゃん
ワンちゃんも猫ちゃんも両方美味しく食べれるのがブルーレーベルなんだよ。

ブッチのブルーレーベルは犬と猫に両方にとっておいしい食事です。

高品質で新鮮なニュージーランド産の鶏肉をメインに、新鮮なムロアジを主体とした魚肉や、玄米などの厳選された原材料がブレンドされています。

猫は限りなく肉食動物に近い食性のため、野菜や穀物だけの食生活ではいきていくことができません。特に魚介類に多く含まれるタウリンが不足すると、網膜や心臓などの重要な臓器に大きなダメージを引き起こしてしまいます。

そのためブルーレーベルは、猫にとって欠かすことのできない栄養成分を強化することで、犬にも猫にも安心、安全そして健康的に与えられる総合栄養食を目指しました。

ブルーレーベルの特徴や成分【ブッチのドッグフード】

ペットたちのことだけを考えて選びぬかれた配合成分【無添加】

ブッチのレーベルシリーズは科学的な研究結果のもと、犬 (猫)のために開発されたニュージーランドメイドのプレミアムペットフードです。

ねこちゃん
ねこちゃん
全てのブッチのドックフードには海藻由来のミネラル成分、オメガ3やオメガ6が配合されてるんだってよ!

ブラックレーベル、ホワイトレーベルそしてブルーレベルの全てのブッチレーベルにはケルプ(海藻)由来のミネラル成分、ビタミン類そしてアミノ酸が配合されています。

ケルプは、北太平洋で多く見られる海藻です。

ヨウ素や、リン、カルシウム、亜鉛などのミネラルやビタミン、たんぱく質そして水溶性の食物繊維を豊富に含んでいます。

ペットたち、とくに犬にとってミネラルは体調を整えるだけではなく、骨や歯などの体の組織を構成する働きもあり犬の成長には欠かせない成分です。

実際、犬は私たち人間よりもミネラルの必要量の割合が高いと考えられています。

その一番の理由は、犬が良く食べる「動物性タンパク質」をエネルギーに変換するときに、多くのミネラルを必要とするため。

これほど、ペットたちにとって大切な成分であるミネラルはブッチの全てのレーベルに含まれています。

ミネラルほど重要であるとは考えられていませんが、オメガ3やオメガ6といった成分もブッチ(Butch)のレーベルシリーズには配合されています。

オメガ3脂肪酸は過去に行われた膨大な数の調査によって犬の健康に対してプラスに働く可能性が示されていて、ある種の健康促進効果があることが示唆されています。

骨関節炎、関節症

アトピー性皮膚炎

心不全

腎不全

炎症性腸疾患

がん

神経機能

攻撃行動

などの予防に役立つと考えられています。

いぬくん
いぬくん
なんかブッチ頼もしいね!
ねこちゃん
ねこちゃん
必要不可欠な栄養素がしっかり入っていて安心

また、犬は、腸などの内臓が肉食動物に非常に近い構造になっていて、野菜や穀類などを消化・吸収するのが苦手です。
野菜や穀類の含有量が多いドッグフードを与えている場合は、消化不良を起こしている可能性も考えられます。そのため、ブッチ(Butch)では肉と野菜、穀類のバランスを最適化しペットの健康を最優先に考えたペットフードを開発、販売しています。

豊富な水分含有量

ねこちゃん
ねこちゃん
本来の犬の理想の姿は生肉から水分をたっぷり摂ることで消化吸収を促し、健康を維持することなんだってさ
いぬくん
いぬくん
へぇー 知らなかったよ

近年ではドライフードの普及により、ペットたちの多くが慢性的な水不足に悩まされています。

しかし、ブッチが提供するミートフードの最大の特長は、犬、猫を含む肉食動物にとって理想的な水分含有量を実現しています。

自然界の肉食動物たちは、生肉から水分をたっぷり摂ることで消化吸収を促し、健康を維持しています。スムーズな消化吸収のおかげで肉の栄養成分が体内に十分に吸収されるので、野生動物たちはほとんど肉のみの食生活でも動物本来のたくましさや美しさを発揮できるのです。

そして、一般的なドライフードと比較して段違いに豊富な水分量を含むブッチはは口臭予防になるのです。

また、ドライフードは口内に噛み砕かれる際の発生する粉や粉塵が滞留し、歯や歯茎のすき間に入り込み、歯垢や歯石の原因となる可能性が高いといえます。ブッチの製品には、栄養素であり、また自然でマイルドな研磨剤としての役割も果たす微細な骨粉が含まれていて、あたかも骨をかじるときのように愛犬の歯と歯茎を守る助けとなっています。

食物アレルギーのあるワンちゃんでも大丈夫

人間と同じように、犬も食物に含まれる特定のたんぱく質に反応して食物過敏症(アレルギー)を引き起こすことがあります。

しかし、ブッチにはアレルギーの原因になりうる小麦、グルテン、イースト、エトキシキン、プロピレン、グリコール等の成分は一切含まれていないのでアレルギーに優しいものとなっています。

それだけでなく、愛犬への体の負担も考慮されており、0.3%以下の低塩で、砂糖も人工的な調味料、香料、着色料、保存料も一切使用されていないので安心です。

いぬくん
いぬくん
やはり食物アレルギーに対しても配慮されているのが人気の理由なのかな〜

高級ドッグフードブッチ(Butch)の安全性を検証!!

ドッグフードブッチのブラック、ホワイト、ブルーレーベルの比較とオススメ


投稿日:2019年5月8日 更新日:

執筆者: